解決までの流れ

交通事故の発生
@事故発生時の状況を警察に説明
A怪我をしているか確認
事故後の対応
@交通事故証明書を警察に確認(人身事故or物損事故)
A怪我を負っているのに、物損事故の扱いなら早期に、「医師から診断書をもらい、警察に人身事故」であると変更する
※物損事故であれば、治療費が支払われないことがあります
病院での治療
@健康保険or労災保険を利用して、診断してもらう
A入院、通院の必要性があるかを医師に確認
B入院時に個室利用、タクシーを利用しての通院ならば「医師から証明書」をもらう
※怪我の程度により、賠償請求できないこともあるので、「必ず医師に確認してください」
症状の固定
@医師に怪我の具合を確認(治療を継続する必要性)
A症状が変わらないようであれば、医師に「症状固定」するべきか確認
※保険会社から、症状固定を提案されることがありますが、必ず医師に確認してください
※症状固定後にかかる治療費は請求できなくなります
※怪我の症状(痛みor痺れ等)が残っていれば、「後遺障害」の賠償問題になります。
後遺障害認定(怪我が治らなかった場合)
@後遺症による逸失利益(後遺症により、思うように働けず収入が減少)
A後遺症慰謝料(後遺障害を抱えたことによる、精神・肉体的苦痛)
B後遺障害の症状により、適切な賠償請求ができるように等級認定を受ける
※等級認定を受ける際に、保険会社に任せてしまうと「通常より低い等級」になってしまうことがあります
@これまでに掛かった治療費+損害等を算定し、示談交渉します
@後遺障害等級の損害賠償+治療費+その他損害を算定し、示談交渉します
示談成立(業務終了)
@双方が合意した示談金が、保険会社より支払われます
訴訟(示談不成立)
@依頼者に確認したうえで、訴訟をするか判断します
A同意があれば、訴訟を行い「和解or判決」により解決します
このページの上部へ