依頼時のメリット

交通事故が発生したら、通常では加入している保険会社が示談金額などを提示してきます。 しかし、提示された示談金の内容は「保険会社の示談金額の基準」であり、被害者に対して、最善の示談金額ではないことが多くあります。


また、保険会社は業務として、一日に多くの事故案件を対処しており、交通事故に対して経験を積んでおり、被害者からすれば、不慣れな手続きになるため、保険会社からの示談だからと言って、合意してしまうと、大きな損をしてしまいます。


そのような、割に合わない金額に対して損をしないように「専門弁護士」が保険会社と掛けあい、「被害者にとって最善の示談金」になるように争います。


交通事故に関して、裁判所基準が設けてあり、保険会社の示談金額の差が大きく開きます。


専門弁護士に依頼することにより、正当な評価としての、「示談金額+損害賠償」を請求することが可能になります。

賠償1
賠償2
賠償3
『「+aである追加差額」を受領できるようになる可能性があります。』

このページの上部へ