弁護士費用

あなたの自動車保険が弁護士費用特約付きなら、
弁護士費用 300万円までは、お客様の負担は 0円です。
ご加入の損害保険会社から支払われます。この範囲内なら、
お客様にとって事実上、弁護士費用は無料となります。

 

弁護士費用特約なし※1

弁護士費用特約あり(原則としてLAC基準に沿う)※2
相談料 無料 LAC基準に沿う
着手金 0円
事件の経済的利益の額が(物損に対する請求、傷害に対する請求を各々計算する)
125万円以下の場合 10万円
125万円を超え
300万円以下の場合
経済的利益の8%
300万円を超え
3000万円以下の場合
経済的利益の5%+9万円
3000万円を超えて
3億円以下の場合
経済的利益の3%+69万円
3億円を超える場合 経済的利益の2%+369万円
報酬金 相手方(保険会社)から賠償金額の提示前

20万円+賠償金額の5〜15%
賠償金額、事件の簡易、難易により契約時に決定します。
事件の経済的利益の額が
300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円を超え
3億円以下の場合
経済的利益の10%+18万円
相手方(保険会社)から賠償金額の提示後

20万円+差額の10〜25%
請求金額、事件の簡易、難易により契約時に決定いたします。
3000万円を超え
3億円以下の場合
経済的利益の6%+138万円
3億円を超える場合 経済的利益の4%+738万円
   
実費 交通費等  

消費税別

任意の交渉での解決が困難なため、訴訟手続きに至った場合、上記に加えて下記の費用がかかります。
ただし、出廷日が3回を超える場合には、上記費用とは別に1回あたり3万2400円(消費税込)の出廷日当を頂きます。

裁判所への訴訟費用 20万円+印紙、切手代等の訴訟実費

1弁護士特約なしの場合の報酬金の支払いは、相手方からの賠償金での清算でかまいません。


2弁護士特約ありの場合の着手金については、おおよその経済的利益を予測し、契約時に固定金額を定める場合があります。

 

上記は基本設定となります。簡易な事件、難易な事件により別途協議させていただきます。
また、請求額、賠償額の大小により増減することもあります。
詳細は、事件の内容を聴取させていただき委任契約前にご説明の上、決定いたします。

このページの上部へ