弁護士特約とは

簡単に説明すると、「お金を払わずに私撰弁護士に依頼」ができ、納得のいかない示談金額の増額、相当額の損害賠償請求、後遺障害等級の申請などを交渉や訴訟として被害を受けたことにより、加害者に対して「損害賠償請求」を求めることが可能になってはじめて適用できる保険になります。

弁護士特約の内容については、「法律相談料・弁護士費用(着手金)・訴訟費用等を、平均的に上限300万円まで支払う」ものになっています。この費用は、被害者の実費ではなく、加入している保険会社(損保会社)から支給されています。

そうすることにより、納得のいかない示談金額で合意する必要性も低くなります。

また、この保険を利用しても保険料は上がらず、交通事故としてカウントされません。


※保険会社により異なりますが、「契約車両以外・歩行中・家族」にも適応できますので、詳しくは加入している保険会社に確認してみてください。

適応される保険金の範囲 支給金額
法律相談料 約10万円まで
弁護士費用 (交渉事件としての着手金、手数料) 約300万円まで
訴訟費用 (訴訟に掛かる費用全般)
仲裁・和解もしくは調停に要した費用
適応できる範囲 (保険会社によります) 弁護士特約
配偶者 (内縁者も含まれます) 加入者
一緒に住んでいる親族
被保険者と配偶者の別居している未婚の子
適応される事故範囲 弁護士特約
契約時の登録車両 保険会社により異なる
契約外の車両 (タクシー、バス、バイク、)
歩行中
適応される事故範囲 弁護士特約
酒気帯び運転、無免許運転による事故 適応外
競技、曲技中の事故
他の車両に同乗していた際の事故
戦争、災害による事故
賠償請求先が、被保険者の父母、配偶者、子
被保険者の使用者
被保険者の使用者の業務に従事中の使用人
このページの上部へ